HOOPLAZA

バスケットボールを盛り上げたい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

松井啓十郎選手が日立サンロッカーズに移籍

JBLはレラカムイ北海道から移籍選手リスト入りしていた松井啓十郎選手(24)日立サンロッカーズ移籍を発表した。

                     啓十230px-16b


 14歳で米国の強豪・モントロス・クリスチャン高校でプレーし、コロンビア大学では留学日本人男子初のNCAA(全米体育協会)1部選手として活躍し、KJの愛称で呼ばれていた。クイックモーションからの3Pを武器に昨季、レラカムイ入り。同じくシューターの折茂武彦(40)を慕っての入団だったが、昨季はその折茂の控え的起用が多く、1試合平均出場時間はわずか17・0分で、平均6・76得点だった。

 6月には日本代表に選ばれたものの、より多くのプレータイムを求め、SGの菅裕一氏(32)が引退した日立移籍を決めた。また、気心の知れたF井上聡人(25)、清水俊太郎マネジャー(30)がレラカムイから日立に移ったのも、移籍を後押しする結果となったようだ。

レラカムイ北海道の水沢佳寿子オーナーのコメント
「人気、実力のある選手だけに残念。しかし同じポジションには折茂が健在だし、PG柏倉の加入で桜井の起用も可能になった。4年目の伊藤も伸びている。今の戦力で十分カバーできる。」

日立サンロッカーズの小野秀二ヘッドコーチのコメント
「松井選手はすぐれたシューターであり、そのアウトサイドからの攻撃はサンロッカーズのオフェンスにフィットし、得点力のアップに貢献してくれると思います。また高校・大学とアメリカの厳しい争いの中でプレーしており、そのハードワークにも期待をしています。」

松井啓十郎選手のコメント
「この度日立サンロッカーズに入団させていただきました。このチームでプレーできることに大変うれしく思います。ファンのみなさまに喜んでいただけるよう頑張ります。
Will do my best to contribute to our team’s success.」

参考リンク
日立サンロッカーズ「松井啓十郎選手が日立に入団」
スポーツ報知「レラカムイSG松井が日立移籍」

スポンサーサイト

PageTop

JBLとbjリーグの交流試合は来年以降 練習試合はOK

日本バスケットボール協会は30日、国内男子の日本リーグとbjリーグの2013年度の統合に向けて、両リーグの幹部らで構成する連絡協議会を東京都内で初開催し、両リーグ間の開幕前の強化試合について、ことしは原則として実施を認めない方針を固めた。
 新リーグ準備室の深津泰彦総括は「各チームからは(交流試合を)やりたいとの声が上がっているが、個々のチームがばらばらにやるのではなく、日本協会が中心になって、注目される形で大々的にやりたい。興行にならない練習試合の実施は構わない」と説明した。
 今後は日本協会内の新リーグ準備室が新リーグの具体的な事業構想を固め、連絡協議会で議論する。深津総括は「1年以内には構想をまとめたい」と見通しを語った。

参考リンク「交流試合は来年以降 バスケ2リーグ統合で(共同通信)」

PageTop

五十嵐圭選手が三菱電機ダイヤモンドドルフィンズに移籍

三菱電機ダイヤモンドドルフィンズは五十嵐 圭選手と2010年7月1日からの契約を締結したことを発表した。
昨シーズン、日立サンロッカーズからトヨタ自動車アルバルクに移籍したものの、怪我などの理由で不本意な成績で終わってしまった五十嵐選手と、2シーズン連続で最下位の状況から脱出するためにスピーディーなバスケットの中心となれるPGを探していたドルフィンズの思惑が一致したもののようだ。
また、ドルフィンズとしては、チームの理念である「バスケットボールの普及」、「青少年の健全育成」にも、田臥勇太選手と並んでバスケを知らない一般層への認知度の高い五十嵐主の知名度に期待しているようだ。keiigarashiimages.jpeg

【五十嵐選手プロフィール】

生年月日   1980年5月7日(30歳)

身長/体重  180cm/68kg

ポジション   G(ガード)

出身地     新潟県上越市

出身校     直江津東中学校→北陸高校→中央大学

「経歴」

・2003-2009シーズン   日立サンロッカーズ

・2009-2010シーズン   トヨタ自動車アルバルク

・2010-2011シーズン~  三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ ※公式戦は2010年9月18日開幕

「代表歴」

・2003年  ユニバーシアード(韓国)15位、アジア選手権(中国)6位

・2004年  アジアスタンコビッチカップ(チャイニーズ・タイペイ)5位

・2005年  アジア男子選手権大会 東アジア地区予選(中国)4位

        アジア選手権(カタール)5位、東アジア競技大会(マカオ)2位

・2006年  世界選手権(日本)17位

・2007年  アジア選手権大会(日本)8位

・2009年  東アジア選手権大会(日本)2位

        ウィリアム・ジョーンズカップ(チャイニーズ・タイペイ)9位

        アジア選手権大会(中国)10位

PageTop

リンク栃木ジェイソン・ラベドー監督と契約締結

バスケットボール男子日本リーグのリンク栃木ブレックスは15日、新監督としてジェイソン・ラベドー氏(45)=米国=と契約を結んだと発表した。契約期間は2010年6月1日~2012年5月30日の2年間。
同氏は米大学チームでコーチなどを務めた後、昨季は中国プロリーグのチームを率いた経験を持つ。 

PageTop

井上聡人選手レラカムイ北海道を退団、日立サンロッカーズに移籍

レラカムイ北海道は2010-2011シーズン、新たなチーム編成を進めていく中で、井上聡人選手との契約を更新しないことを発表した。
井上選手は日立サンロッカーズへの移籍が決定している。

井上選手からブースターへの最後の退団コメントはこちら
http://www.rerakamuy.jp/weblog/inoue/

井上聡人

■井上聡人選手プロフィール

ポジション:F/C
生年月日:1984/10/8
身長:201cm
体重:92kg
足のサイズ :31.0cm
血液型:O型
出身地:三重県

チーム経歴
1997-2000 小平第二中学
2000-2003 八王子高校
2003-2007 東海大学
(2007ユニバーシアード代表)
2007-2008 オーエスジーフェニックス
2008-2009 トヨタ自動車アルバルク
2009-2010 レラカムイ北海道
2010-   日立サンロッカーズ

JBL2009-2010実績
 出場試合 27試合/42試合
 出場分数 189分(平均4.5分)
 総得点 27点

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。