HOOPLAZA

バスケットボールを盛り上げたい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

秋田ノーザンハピネッツが能代工校OBの菊地勇樹選手と契約

秋田ノーザンハピネッツが地元出身で能代高校OBの菊地勇樹選手と契約したことを発表した。長谷川選手、信平選手に続いてチームで3人目の能代工高出身者となる。

菊地勇樹選手は秋田県飯田川町(現在は潟上市)出身で羽城中学校3年次に全国中学校体育大会で高橋憲一らとともにベスト16。能代工業高校では田臥勇太、若月徹ともに「能代工業ゴールデントリオ」と呼ばれ高校9冠に貢献。
専修大学4年次には青木康平らとともにインカレ初優勝。と、文句のつけようの無い経歴を歩み、大学卒業後は秋田ゼロックスに勤務しながら、琴丘体育協会でバスケを続けていた。トライアウトを経てドラフト外での入団となる。
                
                 菊地akitapro-176946

■菊地選手のコメント
「チームに貢献できるよう、そして地元秋田のために精一杯頑張ります。
プロ選手として自覚を持ち、しっかりトレーニングし身体づくりをしていきたいと思います。」

29歳のルーキーの挑戦を応援したい。

参考リンク
秋田ノーザンハピネッツHP「菊地勇樹選手☆選手契約基本合意」 
Wikipedia「菊地勇樹」

スポンサーサイト

PageTop

東京アパッチが青木康平選手と契約更新

               青木dG1fTU5CXzcyODVfMuZP

東京アパッチが青木康平選手との契約更新を発表した。

青木選手は167cmとリーグで2番目に低い身長ながら、巧みな1ON1とシュート力でチームに貢献し、今まで3度オールスターに選出されている。また、フリースロー成功率1位の記録も3シーズン保持している。
福大付属大濠高校を経て専修大学を卒業後、フリーターをしながらストリートでバスケを続け、ドラフト外で東京アパッチに入団した苦労人だが、すでに5シーズン在籍となりチームの顔の一人となっている彼の契約更新には、多くのブースターが安心していることであろう。

PageTop

宮崎シャイニングサンズが米澤翼選手・高橋昌史選手を練習生として獲得

宮崎シャイニングサンズが米澤翼選手・高橋昌史選手の2名を練習生としての獲得を発表した。
2名とも、7月16日(金)に開催された「宮崎シャイニングサンズ 200-2011シーズン チームトライアウト」参加者者で、地元宮崎県の出身でもある。米澤選手・高橋選手は今後、チームに帯同・練習に参加しながら、宮崎シャイニングサンズとの本契約を目指す。

                     米沢20100127-bj5


■米澤 翼(ヨネザワ ツバサ)選手プロフィール

【生年月日】1985年1月5日(25歳)
【出 身】宮崎県
【身 長】183cm
【体 重】75kg
【経 歴】
・宮崎県立都城農業高校→九州産業大学→MTC(クラブチーム)
・宮崎県立都城農業高校:高校インターハイ予選 ベスト8
・九州産業大学:九州大学バスケットボールリーグ 優勝
・西日本大学バスケットボール大会 ベスト16
・MTC:全日本総合選手権 九州予選 3位
【コメント】
宮崎県にプロバスケットボールチームができ、宮崎シャイニングサンズでプレイできる機会をいただけたことを感謝します。地元宮崎県のために、そして、一日でも早く契約出来るように精一杯努力します。皆さま応援よろしくお願いします。


たかはしまさしdb0f05f52a73e1da8ab1ec55c720bb72e0000000000000941367


■高橋 昌史(タカハシ マサシ)選手プロフィール

【生年月日】1985年5月27日(25歳)
【出 身】宮崎県
【身 長】194cm
【体 重】90kg
【経 歴】
・延岡学園高等学校→大東文化大学→埼玉ブロンコス(2008)→富山グラウジーズ(2009)
・延岡学園高等学校:ウィンターカップ ベスト4
・ U-18 日本代表メンバー
・大東文化大学:関東トーナメント 優勝
        インカレ 3位
        関東選抜メンバー
【コメント】
まだまだ未熟な所もありますが、宮崎シャイニングサンズでプレイできることを嬉しく思います。一日でも早く契約できるように頑張ります。

参考リンク
宮崎シャイニングサンズHP「練習生獲得のお知らせ」


PageTop

盛岡南高校出身の澤口誠選手が秋田ノーザンハピネッツと基本契約

秋田ノーザンハピネッツが澤口誠選手(18)とのbjリーグ2010‐2011シーズンの選手契約が基本合意を発表した。

         さわぐち218_1

澤口選手は岩手県立盛岡南高校3年生だった09年9月に県高校選抜として東北総体で優勝し(岩手県初)、10月の新潟国体ではチームを5位に導く活躍を見せるなどの実績で注目を集め、今年1月から合同トライアウトに参加、6月8日に行なわれたドラフト会議で隣県の秋田ノーザンハピネッツから育成ドラフト1巡目2番目で指名されていた。

澤口選手は元エヴェッサ大阪の斉藤資氏から高校時代に指導を受けるとともに、bjリーグの話を聞けた事が、bjリーグ挑戦のきっかけになったという。ちなみに高卒プロ選手第1号の川村卓也選手(リンク栃木ブレックス)は盛岡南高校卒で澤口の先輩になる。若くしてプロになり、日本代表の主力に上り詰めた先輩の様にブレイクできることを多くの人に期待させる存在である。
なお、現在は富士大学(岩手県花巻市)に在籍しており、今後大学を休学するのか、通学しながら選手活動をするのかはまだ未定のようである。


□澤口誠選手プロフィール

ポジション フォワード
生年月日  1991年 12月5日
出身地   岩手県
身長/体重 184㎝/80㎏
経 歴   岩手県立盛岡南高校 → 富士大学
          
参照リンク
チームHP「澤口 誠選手☆選手契約基本合意のお知らせ」
ClutchTimes「bjリーグ最終トライアウト」
富士大学HP「澤口誠選手(1年)bjリーグ

PageTop

西武文理大学で加藤三彦氏がクリニックを開催

                みつひこ080823-11

能代工業を率いて27回もの優勝を成し遂げた加藤三彦氏。
bjリーグアカデミーのテクニカルアドバイザーを経て、2010年4月より西武文理大学サービス経営学部の准教授に就任しています。

その加藤三彦氏のバスケットボールクリニックが西武文理大学でのオープンキャンバスで無料で受けられるようです。

続きを読む

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。